HOME>イチオシ情報>適切な工事をしてもらえるかどうかをよく確認する

音を防ぐ意味を考えて工事を実行する

耳

防音工事をこれからしようと考えている人は、まずその音対策が外に対するものなのか、もしくは内に対するものなのかをよく考えましょう。どちらも同じようなものと思われがちですが、近隣で騒音が生じているから防音工事をするのであればまず自治体に問い合わせてみるべきです。場合によっては補助金が出ることもあり、その申請をしないまま防音工事を終えてしまうと損をすることもあり得ます。スタジオなどとして使用する場合でも、大げさな工事をしなくても既存の壁に工夫をすることで大きく音漏れを防ぐことができることもあるのです。こういった基礎的な知識を持っている人は少ないため、まずは業者などのホームページを調べたり、騒音が原因の施設に関する情報を集めましょう。

業者を利用する際の注意

女性

防音にはしっかりとした基準が存在していますが、利用する工事業者がその基準を順守しているかどうかは素人目には判断がつきにくいです。なので複数の防音工事業者に見積もりを出してもらい、その内容を比較することで信頼できる業者かどうかを判断することができます。基本的に見積もりを比較する際には費用に目が行ってしまいがちですが、防音はうまくいかなかった場合のリスクが高いので気を付けましょう。

リフォームとしての工事

防音材

防音工事をするにあたっては、ついでに様々な施行をすることによってリフォームすることも多いといえます。その場合には防音工事業者とは別の業者に発注すると手間と費用がかさむので、そういったリフォームも行える防音工事業者を探してみましょう。上手く工事を依頼することによって、単純に防音処置を施すだけでなく利用に応じた様々な設備を整えることもできるのです。スタジオとして様々な運用ができるようになるので、防音以外の工事もできるところであるかどうかをよく調べておきましょう。

広告募集中